Blog

毎日のように利用する百貨店のカードでポイントを貯めています。

私はよく利用する阪神阪急百貨店のクレジットカードであるペルソナカードを持っているのですが、ポイントがかなり貯まるのでとても重宝しています。好きなブランドが沢山入っている百貨店なので、洋服系の買い物やコスメ系をまとめ買いするときなどカードで支払ってポイントを貯めています。また現金払いでもポイントが貯まるので、デパ地下でお惣菜や生鮮食品を頻繁に購入する私にはとても嬉しい点です。ポイントは支払いのときにすぐ利用できるので、お得感をすぐに感じることができるのがいいと思います。以前は利用金額の積算によって割引のステージが決まるカードを使っていましたが、ポイントを貯めてお買いもので利用できるシステムの方が私には合っていると思っています。

名実ともに十分なのがゴールドカードの利点

 クレジットカードでゴールドカードを持つのに年会費がかかってしまうのはしかたのないことですが、それが手が出ないくらい高額だとは限らないです。ゴールドカードの中には数千円でOKなカードもありますのでそのハードルは意外に高くありません。それでいて一般カードに比べてお得な特典がいくつかついていたりしますので、他の人よりもクレジットカードを使う機会が多いという人ならば思い切ってゴールドカードを選択するのも悪くないです。 ゴールドカードは持っているだけでステータスになりますので、それがこの上ない優越感になります。カードの表面が金色に輝いているとセレブになった気分になれるのは間違いないですし、名実ともに十分なメリットを獲得できるのがゴールドカードです。

JALカード

最近、JALに乗る機会が増えたので、JALカードってお得なの?って思います。
無料のマイルカードと比べると、ショッピングでマイルを貯めるかどうかって違いなんでしょうか?
100円で1マイル貯まるなら、100万利用で1万マイルかあ。特典航空券って本当に予約できるのか?とか考えると
ちょっと面倒になってしまいますよね。。

クレジットカードのゴールドカードへの関心について

日本人のクレジットカードの平均所持枚数は、ざっと3枚前後といわれており、以前に比べるとキャッシュレス生活は当たり前のような時代になってきました。しかし、クレジットカードのゴールドカードへの関心は、若い世代を中心に薄まっているようです。その理由には、その世代のマインドや経済事情が関係しているようです。先ず、マインドという部分では、一昔前は、ゴールドカードを所持していること、イコール富を有するもの、成功者といったような一種のステイタスでもあったのですが、今の若い世代いにはどうやらその憧れや魅力が伝わらないようです。次に、経済事業ですが、所持しているだけで年会費が発生するのでもったいないという意見が見受けられます。

クレジットカードは利用場面で使い分け

クレジットカードは、年会費が掛かるものもあるので、何枚でも持っていたいという訳ではありませんが、そのクレジットカードの特徴を活かすような利用の仕方で使い分けをしています。現在主に利用しているクレジットカードは4枚で、永久不滅ポイントのセゾンカード、楽天市場での買い物にも便利で、楽天スーパーポイントも貯まりやすい楽天カード、一般的なりそなカードと、ガソリンスタンド系のカードです。セゾンカードは、公共料金や生命保険、携帯電話料金の支払いに利用しています。だいたい毎月決まった金額が引き落とされ、それに応じてどんどんポイントが貯まっていきます。基本的に毎月利用するものです。楽天カードは、リボ専用にしてあります。楽天市場などで買い物利用する際も、1回払いしか扱っていないお店での買い物も、自動的にリボ払いでの決済にしてもらえるので便利なのです。一般的なりそなカードは、時折街中での買い物で利用することがあり、都度1回払いやボーナス払いなど、フレキシブルに決済方法を分けて利用しています。ガソリンスタンド系のカードは、ガソリンの給油や洗車、冬季には灯油など、基本的に1つのスタンドに決めて利用しているので、会員割引きなどがありお得なのです。クレジットカードは、其々の特徴を活かしながら、便利にお得に利用するのが良いのだと思います。

クレジットカードは怖くない!

私は独身の頃は、勧誘されるまま入会したクレジットカードが数枚ありました。結婚と伴い、名義変更の手続きの際、先輩主婦から「絶対カードは1枚にして、ポイントをためると良いと!」とアドバイスをもらい、年間手数料は取られるもののポイント率が良く、「オリコモール」を介してネットショッピングすると、ダブルでポイントが付く「オリコカード」を残しました。その後、子供を出産し、子連れで買い物がしやすい「イオン」を頻繁に使うようになり、「waon」と一緒に使える「イオンカード」にして、自分名義の引き落としは全てカード払い、イオンでの買い物もクレジットか電子マネー「waon」で支払うようにしました。きちんと月どれくらい使っているかを把握していないと、月の請求がドーンと来ることもあって、やりくりが大変なこともありましたが、徐々にクレジットカード1枚生活にも慣れて、今ではゴールドカードになり、ショッピングの休憩にはラウンジで休憩できて、年間数万円のポイントが貯まり、そのポイントでこっそり自分の服や靴を買っています。キャッシングなどは一切使わず、必要な支払にのみクレジットカードを使えば、ポイントがどんどんたまるので、カードでのショッピングを断然おすすめします!

情報とクレジットカード

何気なく使っている便利なクレジットカードですが、情報という意味では慎重に扱うべきツールであることは間違いありません。カードそのものにはカード番号ぐらいしかありませんが、その先にはカードの利用履歴などがありクレジットカード会社はそれらの情報からいろいろなものを得ようとしています。支払いが遅れたりすると、それらもきちんと把握されしかも数年以上残ることになっています。金融機関同士そういった情報も共有されていることはあまり知られていないかもしれません。買い物情報などは、販売につなげようとできる重要な要素なので情報の価値としては非常に高い価値があるといえます。ゴールドやプラチナのクレジットカードを持っているだけでもある程度の収入や資産があるということがわかるということからもクレジットカードはお金情報があるということを意識して持つようにすべきだと言えます。

クレジットカードに入会するにはお得な時期

 先日、とある建物の中に入ったら、クレジットカードの入会に関してとても積極的に呼びかけている男性スタッフを見かけました。その男性スタッフがどうしてそこまで必死になっていたのかというと、おそらく連休最終日だったからだと思います。連休となれば多くの人が外出しますので、その機会を逃すまいと必死に入会を促していました。 今はクレジットカードにただ入会するだけでポイントがもらえたりすることもあるので、意外とお得な時期なのかもしれません。そのポイント目当てだけに新規入会するのは好ましくありませんが、作ろうと思っているタイミングならば悪くない時期です。 ですので、次に新規入会を促しているスタッフを見かけたら私も少し考えたいです。

クレジットカードの補償について

クレジットカードのメリットはいろいろあると思いますが、私が注目しているのは、補償がしっかりしているところです。万が一、盗難や破損などのトラブルがあったときには、クレカは大きな味方になってくれるのではないでしょうか。ほとんどのクレジットカードには、ショッピング保険というのがついていますよね。クレカを使って買ったものが盗まれた場合に、補償してくれるサービスなんです。これが現金購入だと、補償されないので残念な結果になってしまいます。こちらに何の落ち度もないのに、せっかく買ったものがなくなってしまったら悲しいですよね。すべての商品が対象ではないので注意も必要ですが、クレジットカードの保険は、いざというときの心強い存在になってくれると思いますよ。

クレジットカードの損得

クレジットカードがすべて得するわけではありません。例えばガソリンスタンドなんかでの支払いは現金のほうが値引きが大きかったりしてわずかに損します。支払った際に特典やポイントが付かないこともまれにあります。なので現金のほうが得をするのかクレジットカードで得するのかは調べてから使うことをお勧めします。特に大きな買い物をする際には値引きされるかどうかを見た方がいいです。払った後だと何を買ったのか明細がわからなくなることもあるので注意して使うのが得策です。また種類によってもポイントが着いたりつかなかったりするので、どこの会社のカードなら付与されるのかは数枚持っている人は調べておくべきです。そうして損得を見分けるとクレジットカードはお得になります。